二度めのLove Story

元彼とSNSを通じて30年ぶりに再会しました 。

GW 一日目 ②

◆「次どこ行きたい?

アウトレットが近くにあるよ」


◇「パーキングエリアの

夜景はまだだよね....」


さっきから運転しっぱなしのuさんが

疲れていないか心配....


◆「とりあえずパーキングの方

向かおうか」


運転をしながら


◆「休憩できるところあるかなぁ~」


休憩することは考えてなかったけど


ずっと運転しっぱなしで

uさん疲れてしまったみたいだから

しょーがない😅


でも、私も久しぶりに

肌を触れあうことを望んでいる


道路沿いの看板を目印にホテルへ


旅館みたく和室のある部屋

二人で泊まりの旅行に来たみたいな気になる


部屋に入った私は

日焼けよけアームを外しながら

まわりを見渡していた


ふいに後ろからuさんに抱きしめられる

向かい合い一度目のキス


そのままベッドに押し倒されてからは

キスの嵐


舌をからめながらの濃厚なキス

それだけでキュンキュン胸が高まる


◆「このまましたいけど....

お風呂入りたいよね?」


久しぶりの肌の感触を確かめながら

二人でお風呂へ


久しぶりだからか、ゆっくり休めたのか

いつも以上に激しく攻めてくる


終わった後は抱き締めてくれてキス

私を腕枕しながらそのあとはウトウト😴


どうもこんなとき私は

寝ることができない


時間がもったいなくって

しばらくuさんの寝顔を見てた


ベッドを抜け出して

和室でボーッとテレビを見てると


◆「あれ?起きてたの?

ん~元気になった~」

伸びをしながらuさんが起き出す。


二人で並んでお菓子を食べたり

☕️飲んだりしてまったり


テレビを見ているuさんの

背中見てたらふいに甘えたくなって

後ろからギュッって抱き締める


◆「ん?どうしたの」


◇「....」


後ろから抱き締めている

私の脚を優しくさすってくれる


◆「また、ベッドいく?」

◇「うん」


優しく触られるたび

気持ちよくて声が出る


久しぶりの二回戦終了


◆「もう駄目だぁ~ダウン」


ハアハア.....

マラソンの後みたい😅


GW前半に登山をしてたuさん


◆「登山よりきついよ~」


だって ( ̄∇ ̄*)ゞ


腕枕をしてくれながら


◆「登山して疲れて極限状態になった後って

すごくムラムラすることがあるんだよね」


◆「なんだろう....

体がやばくなると脳が子孫を残さないと...

とか思うのかなぁ~」


登山から帰ると家に

奥さんいるよね....


『奥さんとは?』

ちょっと聞けない....😅


どうなんだろう

そうだったらあんなに元気ないよね


こういう時、一言

「だから、今日したかった」

とか言ってくれればいいんだけどな~


まあ、言葉が足りないのは

何時もの事ってわかってるけどね


まだ、時間は少し残っていたけど

部屋を出て夜景を撮る場所へ移動。


ここでやっと食事らしい食事。


食べ終わった後は

行き交う車の写真を撮る



(イメージです)


夜景を見てもう少し時間があったら

工場夜景も連れていってくれる予定だったみたいだけど....


私が時間的に無理


◆「ここからちょっと見えるよ」

その近くを通ってくれた


工場夜景は通りすがりに見るだけでも

幻想的で綺麗


(イメージです)


もっとゆっくり見たかったな...


それは今度お願いしよう



今日は沢山のところに行きすぎて

何回も会ったみたいな気になる


明日も会う予定だけど


楽しければ楽しいほど

GW 後半が辛くなりそうな気分....