二度めのLove Story

元彼とSNSを通じて30年ぶりに再会しました 。最近、タイトルを変えてみました。

GW 二日目 ②

バスツアーで来ている

団体さん達向けの帰りの集合時間の

アナウンスが流れる


18時半頃には家に着きたかったから

私達も、もうそろそろ撤収


帰りも渋滞がなくスイスイ


楽しい時間はあっという間に過ぎてしまう....


サヨナラの時間が近付いてくる


(イメージです)


カーナビに道しるべと到着時間が出ている

ゴール時間が近付くにつれて


「サヨナラしたくない」

っていう気持ちが溢れてくる


私の方からuさんの手を握る。

◆「どうしたの?」


ハンドルを回すのに一瞬手が離れた後

私の太ももに手を置く

uさんの手の温もりが身体いっぱいに広がる


あの角を曲がったら

車降りなくてはいけない


信号がこのまま変わらなければいいのに


涙が出そうだけど

泣いたら心配されちゃうから我慢

(´இωஇ`)


子供をあやすみたいに

私の太ももに置いた手を

゛ポンポン゛って優しく叩く


心配かけたくなくて

なんでもない風を装って余裕の感じで車降りる


◇「ありがとう❤️楽しかった」


走り去るuさんの車


次、会う約束してないから

ちょっとだけ不安


この二日間、すごくいい感じで

過ごすことができて

不安とか全然感じることなかった。


uさんも私といることを楽しんでくれるって

感じられた。


離れることはない。

絆が深まったような自信すら生まれてたのに


でも、離れてしまうと一瞬で不安になってしまう

大丈夫って言い聞かせるしかない....


次はいつ会えるのだろう


さよならしたばかりなのに

もうあなたに会いたい....