二度めのLove Story

元彼とSNSを通じて30年ぶりに再会しました 。

嫌いになんてならないよ

木曜日。


もしかしたら、誘ってくれるかなぁ~

なんて思ってたら本当に連絡がきた💓


この間、次は休憩ねって言ってたのに


◆「焼き鳥の○○行きたい」


『あら?休憩じゃないんだ

まぁ、時間もないしいいっか』


焼き鳥屋では普通に飲んだり、

お喋りしたり、会社の同僚のような感じ

特に胸キュンする会話もなく....


二時間位飲んでたかな...


八時半ごろ

◆「もう行こっか」


この間、アフタヌーンティーを

ご馳走になったから

uさんがトイレに立った隙に私がお会計。


戻ってきたuさん

◆「あっ❗️まさか

お会計済ませてないよな?」


◇「ん~?私もトイレ~」


すっとぼけてトイレに


いつも先に払われちゃうから先手。


トイレから戻ると


◆「もう~

先に払っちゃうんだから~」


やっぱり私のトイレの隙に払おうとしてたみたい。


◆「お支払済みです。って言われちゃったよ😅」


◇「だってこの間、あんないいもの

ご馳走になったんだから🎵」


◆「全く....ご馳走さま」


店を出て手を繋ぎながら駅の方に歩いていく。


ちょっと早めの解散になるけど

まぁ、いいっかって思ってた。


横断歩道を渡ると駅の入り口。


渡ろうとした瞬間、繋いだ私の手を引き寄せて


◆「本当に帰るの?」


◇「えっ?じゃあどうする?」


ちょっと言いにくそうに

◆「あっちの方に、この間休憩したところあったよね」


もう、時間的に遅くて

入っても一時間もいれないかも....


◇「えっ、だってもう遅くない?」


◆「あっ そうか...」


◇「カラオケ行こうよ」


近くのカラオケBOXに入った。


ワンドリンク、オーダー制。

メニュー見るまもなく

入ると待ちきれないように後ろから抱き締められる。


向かい合いキスをする...何度も何度も


しばらくイチャイチャしたあと


◆「そうだ❗️先にワンドリンク頼まないと、

この前みたく電話かかってきちゃう」


我にかえったuさん。


飲み物が来てからは

ずっとキスしたり触りっこしたりして


カラオケは1曲だけ


◆「本当は、ものすごく抱きたかったんだよ....」


◇「(///∇///)それなら今日は

休憩だけでも良かったね」


◆「うーん・・・でも、そういうのばっかりだと嫌われちゃうかと思って」


◇「えっ?なんで、そんなことないよ」


◆「バンビと映画見たり、お酒飲んだり

美味しいものも食べに行ったりもしたいし....

でも、一緒にいると抱きたいって思うんだ」


こんなこと言っていいのかな....

なんて戸惑いながらもいってくれる。


◆「最初からそこに(休憩)誘うと、

それだけが目的だとか思われたないし、

それで嫌われたら嫌だし」


◇「嫌いになんてならないよ...」


酔ってるせいか、いつもは言ってくれない

言葉のオンパレード


◆「俺の事、すごく受け止めてくれるよね」


◆「昔に比べると、服のセンスとか色々と

よくなったよね」


◇「そうかな....

でも、付き合ってる頃は、短いスカート

履いてなかった気がする😁」


◆「そうだったかも

今の方が...いやぁなんでも」


◇「えっ?なになに?言って」


◆「いやぁ~それは今度違う場所で」


◇「ダメ。今教えて

酔ってないと言ってくれないじゃん🎵」


照れながらボソッと

◆「今の方がいいよね」


◇「それはuさんに、いいって言ってもらいたいからだよ」


◆「そうなの~本当に?」


なんか、照れてる~


◆「かわいいなぁ」


ってボソッていいながら

髪撫でてくれたり、キスしてくれたり....


◇「なんであの時(30年ぶりに)

会ってくれたの?」


また、聞いてみた。


◆「うーん..

会ってみたいなって思って

それを好奇心っていうのか、何ていうのか」


きっとその時は好奇心だったんだろうな


もっと突っ込んで聞いてみた。


◇「会ってガッカリしなかった?」


◆「そんな~

お互い年月がたってるんだから...

もし、そうなら二回目はないでしょ

忙しいとかいくらでも断る言い訳は出来るんだから

こうやって会ってるってことは


やっぱり....


でも、まさかこうなるとは、思わなかったけどね(笑)」


酔いが回ってきてるからか

素面では絶対に言ってくれないような

甘い言葉や態度をしてくれる...


前にも、身体の関係ばっかり迫って

嫌われちゃうと嫌だからって言ってたけど


今でも、そんな風にこの付き合いを

大事に思っててくれてるのかな....


若いときの付き合いとは違って

今は、お互い年も年だし

身体だけじゃない心の繋がりみたいのも

生まれてきてるのかな・・・・


再会してもうすぐ1年たつけど

未だに「好き」って言ってくれない


でも、態度でわかる...そうだよね⁉️


映画とアフタヌーンティー

金曜日に会ったとき

映画とアフタヌーンティーに行く約束をした。


アフタヌーンティーが14時半からなので、

その前に映画を見る計画。


【ミッションインポッシブル】

腕を組んだり、手を繋いだりしながら

トム・クルーズのアクションにドキドキ


初めてちゃんとみたけど、結構、おもしろいのね💓




映画が終わるとすぐに車で移動


アフタヌーンティーの場所は....


○○○○(世界的に有名なあのホテル)

💓👀❗️❗️


こんな高いところいいのかな ( ゚ー゚)?


結構、そういう所には

お金を惜しまないタイプなのかな?

とは思ってたけど....


案内された席は

弾き語りをしている人のすぐ前


スポットライト こっちにもかかってるし...

恥ずかしい&もうちょっと静かに過ごしたい😅


でも、出てきた物は全て美味しくて🎵

宝箱みたく綺麗✨


ダージリンティーも最高😃⤴️⤴️


uさんもアフタヌーンティーはじめてだって


奥さんとも行ったことのない

場所に連れてきてくれた...


すごくうれしい😃💕


◇「記念日でもないのに

こんな贅沢いいのかな✨」


◆「たま~にはね🎵 約束したでしょ」


1月くらいに行こうって話を

ちょっとしてた。

その時は、uさんの誕生日が近かったから

そのお祝いをしよう🎵なんて言ってたけど...


でも、かなり遅くなったけど

私の誕生日パーティーも兼ねてるみたい🎵


最初に行く予定を立ててたときは

◇「割り勘にしようね」

って言ってたのに


◆「男子なので、ここは払わせてください❗️」

なんて、ふざけながら

支払いを済ませてくれた


帰りの車


最初は

『近くまで送ってもらうのは

申し訳ないなぁ』って思って


そのホテルから駅で言うと、三駅ぐらい先の所

◇「○△の駅のところまででも大丈夫ですよ」


◆「えっ、あっそうなの?大丈夫?」


◇「う....ん」


◆「わかった」


大丈夫じゃないけど

もっと一緒にいたいけど

uさん帰るの遅くなっちゃうし....


○△の駅がが近づいてくる


さっきから繋いでいる手を

uさんがぎゅっと握ってきて


◆「もうすぐですよ

本当にいいの?」

◆「ん?ん?」


◇「でも....uさん帰るの遅くなっちゃうし、○△駅からどっち方面なの?」


◆「まぁ、左手方向かな」


◇「そっか....反対方向だもんね

うーん」


もじもじ言ってたら


フッって優しく笑って


◆「朝のところ(待ち合わせた駅)まで送りますよ😁」


○△駅の地下鉄入り口を通りすぎて

そのまま真っ直ぐ車を走らせてくれた。


私の手をuさんの真ん中に置かせて


◆「触ってほしいな」


(///∇///)

ズボンの上からスリスリ


だんだん固くなってくる...


uさんの手は

私の太ももの上に移動していく...


しばらくそんなことしてたけど


◆「我慢できなくなっちゃう」


uさんが言うから


◇「じゃあ、今度ね」


◆「そうだね。今度はギュッだね」


結局、uさんは遠回りになってしまったけど

私の家方面沿線の駅まで送ってくれた....


走り去る車を見ながら

ついつい30年前に戻ったような錯覚に陥る。


でも、あの時はこんな素敵なデート

したことなかった。


お互いお金もなかったし...

私の部屋でいつもゴロゴロ😅


まさか、この歳になってuさんと

こんな素敵な思い出ができるなんて

夢にも思ってなかったな✨

8月最後の日

8月最終日。


二日前の水曜日

◆「三連チャン飲みでキツイ」

って言ってたから、やっぱり木曜日は

お誘いもないし夜のラインもなかった。


◆「来週にでも」


って言ってるくらいだから

金曜日の今日もきっとダメなんだろう...


『今月(8月)何回会ったっけ?』


カレンダーを見てみると二回だけ

お盆もあったしな....


でも、よくよく考えてみると

今月uさんからのお誘いを三回断ってる。


色々と用事が入ってしまってたし、

お誘いも急なものが多くて

タイミングが合わない月だったなぁ~


全部会えれば五回も会えてたのに....


この日は仕事もなんだか忙しくて

いつもよりも残業。


もうそろそろ帰ろうかと思ったら


LINEが❗️❗️


◆「今日はどう? もう遅い?」


Σ(・∀・)⤴️⤴️ えっ❗️ホントに❗️


もしかして、私が怒ってるo r いじけてると

思って誘ってくれたの?


連絡くる前は、誘ってきたらチクリと

『飲み会続きで疲れてると思うから

早く帰れるときは帰って』

な~んて言って断ろうと思ったけど


やっぱりダメだぁ~

うれしい😆⤴️💓


◇「まだ会社です。もうそろそろ

終わります。」


断れない.....


◆「それじゃあ集合🎵」


トントン拍子に会うことが決まり、

半額クーポンの居酒屋に行くことに


プレミアムフライデーとクーポン最終日で予約が一杯。


結局は普通の居酒屋へ

あまり長い時間飲めなかったけど

その話の中で


◆「土日はなんもないんだよね~

雨降ればいいのに」


雨降れば出掛ける用事がないのを

諦めきれるからかな...😅


『会いたい』とは言わずに黙って聞いてた。


その後、違う話をしばらくしていると


◆「土日は何してるの」


◇「....特になにもないはず」


◆「土曜日と日曜日どっちが出やすいの?」


◇「う~ん...特にはないけど」


◆「じゃあ、日曜日でもいい?」


◇「うん。大丈夫」


◆「映画でも行きますか?

トム・クルーズのが見たい。」


◇「うん😆 行く」


◆「....映画終わったら

アフタヌーンティーでも行きますか」


◇「えっ🎵🎵」((o(^∇^)o))


◆「な~んか、すごい嬉しそうだね😁」


◆「そういえば、甘いの好きだもんね」


そりゃ、甘いの好きだけど

uさんと、そんな所に行けるなんて

思うとそれが嬉しかったんだよ


(イメージです)